シングルサインオンを導入して管理業務を効率化しましょう

一からコードを書く手間が減るのでコスト削減になるOSS

ミーティングをする

システムやアプリの構築では、どのような機能を持たせるのかを考えた上で仕様を決めて、コーディングをしなければいけません。オープンソースソフトウェアならば、一からコードを書く手間が減るコスト削減としても役立ちます。なぜなら、OSSはすでに完成品で、ソースコードについても自由に閲覧して、変更できるからです。特定の目的で安定して動くプログラムであるOSSは、システム開発のたたき台として便利になっています。
全体の工数で比較すると、OSSを使ったほうが圧倒的に短期で人件費も節約できるのです。ユーザー側で自社開発する場合には、通常の業務を抱えたままで進めていくパターンが多いので、一からコードを書かなくて済むOSSで大幅に省略しましょう。システム開発を請け負う側でも、クライアントへの低予算の提案として選択肢が増えます。
これからプログラミングを勉強する場合、新しい言語の学習や、これまでと違う記述に悩むことで、時間がかかります。OSSがあれば、理想的なお手本を実地で確かめられる上に、必要な機能を付け加えた時点でそのまま使うことが可能です。ネットのブログや開発者の公式サイトで独学の勉強ができる点も、メリットになっています。

ピックアップ

Top